体臭の改善でモテモテライフ!自分に合った方法で解決しよう

無香料の商品もある

女性

自分の体臭を改善するために、デオドラントや香水を使う場合は、その香料に気を付ける必要があります。香料が体臭や汗と混ざると、不快に感じる人がいるからです。無香料でも同様に不快に感じる人はいます。その場合は、自分にあう香料を、自分の足で探して、マスキング効果を高めることが大切です。

もっと読む

過度の対策は禁物

男の人

体臭改善のためには、体臭を過度に気にしないこと、デオドラントやサプリメントはサポート役として使うこと、潜在的な不安を解消すること、が大切です。潜在的な不安を解消するためには、優秀なデオドラントを使うこと、外科治療を受けること、心理療法を受けること、がおススメです。

もっと読む

原因別の対処が大切

男女

悪い体臭を良い体臭に改善するためには、原因別の対処が大切です。腋臭臭の場合はアポクリン汗腺の活性化を抑えること、皮ふ汗臭は雑菌の増殖を防ぐこと、加齢臭はノネナールの分泌を抑制すること、その他の体臭は病院で診てもらうこと、これらのことに注意すれば、効果的に体臭を減らすことができます。

もっと読む

マスキング効果

笑み

効果を利用へ

体臭改善のためにデオドラントや香水を使う人は多いですが、香りの種類、程度によってはかえって逆効果となるので注意が必要です。体臭改善はエチケットとして行うものですから、良い匂いでも時と場合を考える必要があります。例えば御飯を食べに行くのに香水を振りかけるのはマナー違反となります。また香水を体臭同様のスメルハラスメントと考える人は増える傾向にあります。それはデオドラントの香料も同様です。香料や香水は人によって好みが分かれるため、相性によっては不快感しか与えないことがあるのです。よりエチケットに気を使うなら、デオドラントなら無香料のものを選ぶようにしましょう。香水を直接つける場合は、汗のニオイと混ざらないように注意する必要があります。よく汗をかく人は香水はやめた方が無難でしょう。

デオドラントの使い方

汗をよくかく人は、無香料のデオドラントを選ぶと良いでしょう。そして汗をかいたら清潔な布でふき取るよう意識すると、厄介な体臭を大幅に改善することが出来ます。デオドラントシートを使いすぎると、皮膚常在菌の過剰殺菌となり、逆にニオイを強めることになります。デオドラント剤も使い過ぎることで、耐性を生んだり、肌を傷つけたり、逆にニオイを強めたりするので注意が必要です。デオドラントは、3日使用したら1日休むこと、1日に何度も使用しないことなどが大切です。何度も使用する必要があるデオドラントは、体質にあわない可能性があります。その場合は別の商品の購入、もしくは専門的な改善治療を検討すると良いでしょう。